ミャンマー

0pt

Myanmar. ベストシーズンは10月頃。
3~4月は気温が高く、埃っぽい。空もクリアじゃない時期。

2012年3月に訪れた時の所感。

過酷な気候と行き届かないインフラ。その一方で、人々が温厚で人懐こく、時間が濃い。軍事政権の匂いを殆ど感じない。

軍事政権は「突然ですが国旗変えました」「都市の名前変えまくりました」「通貨変えました。今日から今までの通貨は使えなくなります」という感じの横暴っぷり。訪問時は民主化が進み、アウンサンスーチーさんの写真がそこら中に貼られていた。

滞在地域


地域によって住んでいる民族が違う。

ヤンゴン
首都。大きなパゴダがある。電力事情はマシな方だが、夜は暗い。路上レストランは地元の人でも腹を壊す店があったりするので、お勧め出来ない。快適にWifiを使える喫茶店が幾つかある。

バガン
パゴダだらけで、その数は2000とも3000とも聞く。ちょっとした異世界。馬車や船に乗りながらノンビリと観光するのは中々オツである。
電力事情が悪い。時々停電する。まとも速度のインターネットを使える店を見つけるのが難しかった。Gmail 開くまでに20分とか、そういうレベル。

インレー湖
大きな湖。付近に首長族が住んでいる。湖の上で製鉄やタバコ製造などの仕事をしている。独特の世界。空がクリアな10月頃がお勧め。インターネットは店によって速度が違うので、人が入ってる店を選ぶと良い。

治安と人々


観光地は、総じて治安がとても良い。人々は驚くほどフレンドリーで、良い人が多い。ただし、パゴダで夜に寝たりするのは危険。

外国人が立ち入れない地域は、たびたび人権問題などで取り上げられる。普通は行けない。

インフラ

  • 電力整備が追いついておらず、首都であっても夜は驚くほど暗い。頻繁に停電する。
  • 道路は意外と整っている。現在も至る所で工事していた。ただし、山道はかなりボコボコ。
  • 水道は困らなかったが、飲料水はお店で買うこと。

移動


バスは、日本など外国から輸入した中古バスを使っている。中古なので質は悪い。バスで都市から都市へと長距離移動すると、10時間単位で乗車する事になる。基的に人も物も過積載で、ユッタリ乗車というは捨てた方が良い。乗ってる最中に大抵エンストやパンクなどのトラブルがある。バスは基的にエアコンが無いか、エアコンが効きすぎていて防寒が必要なほどに寒い。

僕は暑いバスに10時間乗った為、に出てから初めて体調を崩しかけた。お金があるならば、飛行機を利用した方が良い。

リンクなど


ミャンマー - wikipedia
ミャンマー - wikitravel
外務省:ミャンマー連邦共和国
ミャンマー基本情報概要 | 地球の歩き方

「ミャンマー」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「ミャンマー」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

0 pt
私が22歳の日本人ならば、ミャンマーを目指すかもしれません-ジム・ロジャーズ情報ブログ- 中田宏 衆議院インターネット審議中継
もっと読む

他の人の「ミャンマー」を見る