akki-raのブック
(506 keywords)

よく使われているタグ

akki-raのお気に入り

  • harukaのブック harukaのブック
  • catchのブック catchのブック
  • 高田のあたりまえノート単語集 高田のあたりまえノート単語集
  • 九龍的ヘブンズ・ドアー 九龍的ヘブンズ・ドアー

akki-raのブックのメンバー

  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
  • デイヴィッド デイヴィッド
  • なおき なおき
 

amid

0pt

180px-Amide-general.png

↑カルボン酸アミドの一般式

アミド
酸アミド(んアミド)は化合物、特に有機化合物の分類のひとつで、オキソ酸とアンモニアあるいは 1級、2級アミンとが脱水縮合した構造を持つものを指す[1]。例えば、カルボン酸アミドは R-C(=O)-NR1R2 の構造を持つ。特に断らない限り、単に「アミド」といった場合は、カルボン酸アミドのことを指すことが多い。他にスルホンアミド、リン酸アミドなどが知られる。

通常、カルボン酸アミド (R-C(=O)-NR1R2) はアミンとカルボン酸の脱水縮合反応で生成れる。その構造のうち、カルボニル基と窒素との結合を特にアミド結合と呼ぶ(金属アミドの結合はアミド結合とは呼ばれない)。

化合物フラグメントがアミド結合で多数連結した高分子化合物(樹脂)をポリアミドと呼ぶ。ポリアミド樹脂の代表としては6,6-ナイロンが挙げられる。

一方、生体を構成するタンパク質は α-アミノ酸が多数連結して生成れるが、ポリアミドとは呼ばれずにペプチドと呼ばれる。また、ペプチドを構成する α-アミノ酸単位が連続したアミド結合の部分をペプチド結合と呼称する(たとえタンパク質中であっても、α-アミノ酸単位が連続していない部分は単に「アミド結合」と呼ばれる)。

(wiki)

「amid」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「amid」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

他の人の「amid」を見る