九龍的ヘブンズ・ドアー
(107 keywords)

最新日記

RSS
  • 日記はまだありません

九龍のお気に入り

  • mindiaマネタイズ会議 mindiaマネタイズ会議
  • kunoziのやつ kunoziのやつ
  • マインディアからのお知らせ マインディアからのお知らせ
  • おぎやす広辞苑 おぎやす広辞苑

九龍的ヘブンズ・ドアーのメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • 里香 里香
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
 

本当はどうなの?これからのインド

1pt

hontouhadounanokorekaranoindia.jpg


題名通り「れからのインド」を分かり易書いてある書籍

評価:★★★(5段階)
著者:白水 和憲
価格:600円(税抜き)
単行本: 255ページ
出版社:中経出版
言語:日本
ISBN-10:480613354X
ISBN-13:978-4806133544
発売日:2009/5/24
商品の寸法:15 x 10.6 x 1.4 cm

感想:
「今」のインドに主眼を置いた書籍、すらすら読めて入門本といった感じ。

インド経済文化宗教の上っ面をぺらっと書いた感じで非常に読み易い。
各項目を箇条書きで書き出されていて、インドの「今」をうまい具合に切り出している。

1日あれば読めるし、文庫サイズなので場所も選ばず。
あるインド経済本と言えば経済本だが、「1冊目のインド本」としては良いと思う。

どの分野でも言えるとだとは思うけど、入門本を兎に角読み易い+優しい物に限ると思う。
学び初めで興味を逸するような、又は萎えるような本格的な書籍は避けるべき。

さらっと読めるインド本。
可もな不可もない感じ。



関連Link:
の記事はBlogから引用です】
九龍空論http://kowloon-kuron.com
【当該記事】http://kowloon-kuron.com/2010/02/hontouhadounanokorekaranoin...
Amazonhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/480613354X/ref=sib_rdr_dp

「本当はどうなの?これからのインド」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「本当はどうなの?これからのインド」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

他の人の「本当はどうなの?これからのインド」を見る