九龍的ヘブンズ・ドアー
(107 keywords)

最新日記

RSS
  • 日記はまだありません

九龍のお気に入り

  • kunoziのやつ kunoziのやつ
  • 西小倉事典 西小倉事典
  • マインディアからのお知らせ マインディアからのお知らせ
  • おぎやす広辞苑 おぎやす広辞苑

九龍的ヘブンズ・ドアーのメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • 里香 里香
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
 

mindia素敵点

3pt

0087330885.jpg

日々使用してい中でのうほっ良いMindia、的なものを書き溜めてい(Mindia改点の対として素敵点を採用)。



(暫定)個人と個人の欲望促進・共有ツール
想定しているユーザーはキャッチにある通り「教科書よりも友だの説明がわかりやすい!」だと思うけど、「理解」「解読」「知識」を求める所謂辞書ユーザーはWikipediaの様な集合知識としての平均、プレーンな部分での情報を欲しがる、というか必用としているので「説明がわかりやすい!」の部分には結びついていかない。

の結びついていかない理由にはもうひとつあってMindiaユーザー自体(コンテンツ制作者)が説明というより、自己発進の場所にしているから

ういうキーワードに僕(私)は興味がありますよ〜

とか

キーワードを書いて自分の頭整理を図ろうかな〜

とかんな感じで利用している感じがする。
いう自分はの2つの理由でMindierになった。




で、れを前提?に下記の素敵点がある



1:興味ある個人の傾向や内面読み解ける
例えばMindiaの中の人であるおぎやす氏(http://mindia.jp/book/554)をどかのBlog、SNSなどのWeb媒体、居屋で飲んでたら意気投合した〜とかのリアル媒体であったりでおぎやす氏個人に興味いったとする。

「どんな人なんだろう?」

と思って検索するも、正直BlogやSNSを網羅するのは手間がそうとうかかる。
なによりも知るには情報量もさるとながら、それらを読み解時間が必用となる。

さらにWeb媒体に記載する物は基本的に「今」の自分をタイムリーに記載している物であり、その人間の「本質」や「核心」に関わる部分は多分3%以下、しかも過去記事を漁らなければならないというオマケ付きである。

れはだるい。

その点Mindiaは簡単に読み解とが出来る、れは他のサービスには無い「個人知識の倉庫」としての側面が強いから出来るとである。

WikipediaやSpyseeなどは結局その人を「客観的・第三者的」に見た結果であってその人の核心とはほど遠、なによりも文にその人間の温度がもっていないのでつまらない。



2:多角的な情報を日々収拾出来る
最新キーワードをずらっと読みとだけで新しい知識を収拾出来るとも強みだ。

只知識というよりは切欠、そのキーワードに対する興味付けのスタートラインとしてMindiaは適している。
れは情報量が比較的少ない事もあげられているが、主観が入るMindiaは「俺んなのに興味があるよん」という感じなので「へー面白そう、もうょっと調べてみよう」という流れが自然に出来るからである。

そして人の核心の部分が出てるサービスなので自身が情報を収拾するよりも、より多角的に情報を収拾できる。

例えば現在の最新キーワード(2010/01/23)

結婚式の招待状(http://mindia.jp/book/nishiko/keyword/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%...
Allaire(http://mindia.jp/book/766/keyword/Allaire

がトップページに来ているが、の情報のギャップと多様性がMindiaの強みである。



3:Simple is Best
Mindiaを一言で言うなら

「興味あるキーワードを書

れだけである。
しかし、のSimpleさは非常にDBとして他サービスとの連携はしやすい(Twitter然り)。
Mindia単体のサービス以外もMixiアプリなどのSocialOpen的なアプローチもきっと企画されているだろうから今後のマッシュアップサービスとしてのMindiaも楽しみな点。



4:日本開発者による日本向けサービス
意外と皆意識しないけど「日本語がネイティブである」という点は非常に強みである。
特に日本語は英語とはがって独特の「曖昧」さが売りの言語なのでの辺は日本開発者でなければフォロー出来ない部分だと思う。



5:あっ!
書いてて気付いたけど「Mindia」では無mindia」みたい。
でもそんなの関係ねー、と言える所も素敵な所。



今の所はんな感じ。
かし



関連Link:
mindiaの好きなとろ】http://mindia.jp/book/684/keyword/mindia%E3%81%AE%E5%A5%BD%E...

「mindia素敵点」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「mindia素敵点」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

0 pt
面白いユーザさんが集まってきているところ
もっと読む

他の人の「mindia素敵点」を見る