高田のあたりまえノート単語集
(603 keywords)

medicalcloudのお気に入り

  • sinのブック sinのブック
  • くまがいゆーじのブック くまがいゆーじのブック
  • SF恋愛小説「株式家庭ムラカミ」 SF恋愛小説「株式家庭ムラカミ」
  • まこおっさんのブック まこおっさんのブック

高田のあたりまえノート単語集のメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • 里香 里香
  • おぎやす おぎやす
 

PHR

0pt

Personal Health Recordの略。

健康情報を、消費者自身が管理するシステム。論者によって多少内容は異なるが、大抵は、ウェブインターフェイスを経由して消費者が自身の健康情報にアクセス出来るようにする、という話。

多くの論者では、EHRとの境界は曖昧だが、EHRが、病院など医療機関主体で語られる概念であるのに対し、PHRは消費者主体で語られる概念という気もする。たぶん、同じシステムの別の側面である。

「現在、病院が管理しているデータをどういうふうにPHRに移し替えるか」という議論がなされることが多いが、正直言って、ハズしていると思う。

というのも、医療機関が管理している検査データは、基本的に、医師が投薬や手術のための意思決定に役立てるために集めた情報であって、あまり他の目的(たとえば、患者自身の日常生活の改善)にはあまり役に立たないからである。(参照:主観医学

もし、患者が日常生活に役立てるために医学情報を収集するならば、それらとは全く異なる情報が必要な情報としてピックアップされると思う。たとえば、今日、何を食べているとか、どれくらい運動したとか、何時頃就寝したとか、どういう仕事をしたとか、そういう日常生活の情報のほうがはるかに有用だと思う。

そう考えると、PHRというのは、病院での異常情報の管理から、個人ベースでのセルフケアのための情報管理(done list)への変化の過渡期のアイデアに過ぎないんじゃないかとも思える。

「PHR」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「PHR」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

0 pt
カルテ情報を個人が持つ仕組み Google Healthや Microsoft HealthVault もこれを目指している
もっと読む

他の人の「PHR」を見る