Charlieのブック
(26 keywords)

Charlieのお気に入り

  • 西小倉事典 西小倉事典
  • マインディアからのお知らせ マインディアからのお知らせ
  • 公務員になるヒューマンのブック 公務員になるヒューマンのブック
  • なおきのナレッジベース なおきのナレッジベース

Charlieのブックのメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • なおき なおき
  • Charlie Charlie
 

mindiaの日

4pt

mindiaの日についての前提(読み飛ばして可)


mindiaはそもそも、型にはまった教科書的な説明よりも、
友だちのたとえ話のほうがわかりやすいという誰しも経験しうる
体験に基づく。

だとするならば、mindiaの日を作る際、重要なのは、どれだけ
goodボタンを押してもらえたか、どれだけその方の記述が引用
されたかを基準とする。つまり、分かりやすいとか、面白いという
評価を基準としている。

分かりやすく、かつ面白い記述をした方を評価する制度


mindiaの日なるものは、当然であるが、エクセレントな記述を
した方を評価する日にすべきである。それに付随し、
どれだけのほかの方々のmindiaユーザーの方の引用を得たか、
論文的ではあるが、引用ヒット数(その方の記述の引用された
数)を示せる何らかのシステムが欲しい。

具体的に


私は、パソコンの技術的なことはあまり分からないので、
専門的なmindiaの日mindiaのサイトのレイアウトのディテール
などは、提示できないが、素朴に思ったことを挙げたい。

  • 高得点あるいは、高頻度の執筆依頼を受けた方には、

称号を与える。たとえば、高頻度の執筆依頼を受けた方は、
mindia作家」などどうだろうか。

  • 称号を受け取った方は、その称号によって、

何かもらえるということはない。
(内発的動機づけだったものが外発的動機づけに
なることを防ぐ:キーワードを作成すること自体
が楽しくてやっていた人が商品を目的にして
キーワードを作成することになれば、モチベーションは
低下する。)

要するに


キーワードのgood数や、キーワードの記述の引用数
により、ユーザーに称号を与える。
その称号が上位であればあるほど、そのユーザーの
記述の分かりやすさ、面白さを示すことになる。
そのユーザーの説明は、ある言葉を知ったつもり
でいるユーザーを新たな世界へいざなってくれるハズ。

「mindiaの日」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「mindiaの日」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

4 pt
やりましょう! mindiaユーザ全員に見えるところに、告知バナー 右上の「今世間で注目されているキーワードを書いてみよう!」 と書かれている部分に掲載可能です ↓しかし 現在、技術的な問題で...
もっと読む
3 pt
これでほぼ企画ができたと思います。1月22日に開催します。ではみなさん、1月22日に備えてください。しかし、それまでの間、書き渋りをしないようお願いします(1月8日追記)。 mindiaの日企画 月...
もっと読む

他の人の「mindiaの日」を見る