akki-raのブック
(506 keywords)

よく使われているタグ

akki-raのお気に入り

  • torukoの雑記箱 torukoの雑記箱
  • マインディアからのお知らせ マインディアからのお知らせ
  • 阿部道浩の【思いつくままに】百科 阿部道浩の【思いつくままに】百科
  • なおきのナレッジベース なおきのナレッジベース

akki-raのブックのメンバー

  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
  • デイヴィッド デイヴィッド
  • なおき なおき
 

RNAi

0pt

(RNA interfering)

 Fire,Melloらにより発見れた2本鎖RNAにより誘導れる配列特異的な遺伝子発現抑制機構である。RNAiの発見は、遺伝子の発現を自由に制御できる技術の開発を可能にし、らにはまざまな疾患の治療を可能にする新の開発につながると期待れている。
 RNAiによる遺伝子発現抑制機構の重要は、生体内にもともと存在する遺伝子発現抑制メカニズムを利用しているである。

基本的な機構:mRNAの分解と転写抑制の二段構え

不活化したい遺伝子の一部とヌクレオチド配列が一致する二本鎖RNA分子を細胞または生物に導入する。

このRNAが処理れて、標的遺伝子から作られたmRNAとハイブリッドを形成し、それを分解に導く。

細胞はこの分解れたRNA断片を用いてらに多くの二本鎖RNAを作り出し、標的mRNAの除去を続ける。
※このRNA断片は子孫細胞に受け継がれ、遺伝子発現に遺伝の変化を起こす。

RNA断片は核内へ入り、標的遺伝子自身に作用して、転写が制御れたクロマチン型に形を変えせてしまう。

線虫への二本鎖RNAの導入

  • 腸に直接注入するか、このRNAを作るように操作した大腸菌をエサとして与えれば良い。

RNAiによる遺伝子学の限界

  • すべての遺伝子を効率よく抑制できるわけではない。
  • 生体内の組織によってはRNAiかないことがある。
  • 多くの生物は大きな遺伝子ファミリーを持つため、標的遺伝子以外にも関連遺伝子RNAiが抑制してしまう可能性がある。
  • 正常な遺伝子機能の協力なヒントを与えはするが、証明になるとは限らない。

「RNAi」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「RNAi」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

他の人の「RNAi」を見る