九龍的ヘブンズ・ドアー
(107 keywords)

最新日記

RSS
  • 日記はまだありません

九龍のお気に入り

  • mindiaマネタイズ会議 mindiaマネタイズ会議
  • 里香のブック 里香のブック
  • おぎやす広辞苑 おぎやす広辞苑
  • マインディアからのお知らせ マインディアからのお知らせ

九龍的ヘブンズ・ドアーのメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • 里香 里香
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
 

インド神話

0pt

20080117_408259.jpg

インドに伝わる神話バラモン教ヒンドゥー教関連が多い。

ヴェーダ神話とブラーフマナ・ウパニシャッド神話、叙事詩・プラーナ神話の3つに大別して概説する。

概ねヴェーダ神話バラモン教に、叙事詩・プラーナ神話ヒンドゥー教に属し、ブラーフマナ・ウパニシャット神話がその両者を繋ぐものと考えて良い。



インド神話の特徴として感じるのが

(1)様がやたら多い
(2)男と女がいる愛もの?が多い
(3)荒唐無稽なストーリー

の3つ。

インド神話の王道を書いてしまうと


様(王様、仙人)が苦行(修行)します

偉い様「あいつ強ね?俺の立位置やばね?」

偉い様が美人の天女を派遣して邪魔させます

天女「やらないか?」
修行様「うほっ良い女」

ゃつのが忙して修行しない

改心して修行再開、天女がいななったり、変な落がついたり


と、いう感じのストーリーが非常に多、現代のモノと比べると荒唐無稽というか斬新なモノが多い。

只先が読めない、読みようが無いので楽し読めたりする。


古代の人間ういった創作活動をする、というのは個人的にもの凄い事だと思う。
日々の暮らしが安定している現代なら理解できるけど、古代の時代にういったクリエイティブなとに従事した人間ってよっぽど裕福だったか変人じゃないのか?なんてとを考えて読んでるとそれはそれで面白い。



関連Link:
【Wikipedia】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E7%...

「インド神話」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「インド神話」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

他の人の「インド神話」を見る