高田のあたりまえノート単語集
(603 keywords)

medicalcloudのお気に入り

  • くつしたのブック くつしたのブック
  • やんやんのブック やんやんのブック
  • tfjwrのブック tfjwrのブック
  • yoshiのブック yoshiのブック

高田のあたりまえノート単語集のメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • 里香 里香
  • おぎやす おぎやす
 

ガンダム

2pt

定義

富野由悠季監督によるアニメ、「機動戦士ガンダム」(いわゆるファーストガンダム)と、その続編、スピンアウト作品、類似の世界観を持つ作品、外伝、類似品の総称。

あるいは、それら各作品に登場する主役級モビルスーツ(人が乗って操縦する巨大ロボット)のこと。大抵、主役になる少年がパイロットとなる、一機のみ生産される特注品(あるいは、試作品)であり、量産されない。

リアルロボット作品

いわゆるリアルロボット作品の最初のものであったが、後期の作品になると、徐々に、リアルロボット作品的な要素がなくなり、見栄えの良いキャラクターや多様な武器や変形や合体の出来るモビルスーツを登場させるなど、スーパーロボット作品に変化していく。

ファーストガンダム論争

古参のファン(ガンオタ)は、ガンダム名前を冠する作品の中で、特に「宇宙世紀モノ」を別格(あるいは、それ以外をガンダム作品と認めない)として扱う事が多い。特にストイックなガンオタには、宇宙世紀の最初の作品であるファーストガンダムのみを別格とする意見が強い。中には、ファーストガンダム以外をガンダムと認めないため、「ファースト」ガンダムとわざわざいう必要すら感じないという人もいる。

僕自身は、「宇宙世紀モノ(機動戦士ガンダム、Zガンダム、ダブルZガンダム、Vガンダム)」と「正歴モノ(∀ガンダム)」を、特にガンダムらしいガンダムとみなす立場であるが、それ以外はガンダムじゃないとは思わない。

頻繁に見られる設定

それ以外のガンダム作品も含む、多くの作品に共通する設定としては、以下のようなものがある(ただし、未来世紀モノと正歴モノは、下記の設定と全く異なる)。

戦争の背景

ガンダム系の作品の多くは、要するに戦争の話であり、その戦争の多くは宇宙に住んでいる宇宙移民と地球の政府との戦争である。
この戦争は、大抵、以下のような背景でおこる。

  • 作品の舞台は、宇宙開発が進み、人類が宇宙に居住できるスペースコロニー(多くは、地球の周回軌道にある人工衛星である)が建設できるようになった未来の世界である。
  • その時代には世界人口が増加し、地球に住みきれない人々がスペースコロニーに居住する「宇宙移民」になっている。
  • 宇宙移民は、居住環境が地球と異なるため、しばしば、地球に住み続ける人たちと異なる思想や生活習慣を持つようになっている(「生活環境が人間の考え方を決定する」というのは、富野氏の基本的な思想のようである)。
  • 一方、地球では、世界の多くの国が参加する連邦政府(緩やかな国家連合なのか強力な統一政府なのかは作品によって異なる)が作られている。
  • しかし、この地球連邦政府は、大抵、これまでのレガシーな政治システムを引きずっており、また、作品によっては腐敗している政府であったりする。また、地球の住民の多数が求める政策と、少数派である宇宙移民の求める政策は大きく異なっている。これらのため、宇宙移民は、自分たちの意見を地球連邦政府の政策に反映させることができない。
  • また、しばしば、地球の住民は、異なる生活習慣や思想を持つようになっている宇宙移民を差別する。
  • 地球の住民による差別や地球の政府の政策に不満をいだいた宇宙移民は、宇宙移民の自治政府をつくろうとして、独立戦争を起こす。
  • ただし、作品の一部では、独立戦争を起こす自治政府は独裁的な指導者が支配する独裁政権であり、必ずしも宇宙移民全体の支持を得られているわけではない。

主人公の立場

  • 多くの作品では、主人公は普通の少年であり軍人ではない。精神的にも子供っぽく、肉体的にも特にたくましいわけではない。
  • なぜか多くの作品では、主人公は「機械好き」であり、簡単なロボットなどを作ったり機械の修理ができたりする。
  • 主人公の父親は、たいてい「ダメなオヤジ」であり、主人公は父親を軽蔑している。また、父親は、軍隊や戦争に関連する仕事に従事している事が多い。(一部の作品では、主人公は父親がいない母子家庭に育っている)
  • 主人公の住んでいる街が突然戦場になり、避難している少年が、戦場の混乱の中、偶然、試作品のロボット兵器(や、それに類するもの)を触ってしまう、という形で、主人公は戦争に巻き込まれる。主人公は、やむを得ず、地球側か宇宙側のいずれかの軍隊に同行することになる。
  • 話の進行と共に、主人公はパイロットとしての特異な才能を持っていることが分かってくる。その才能のため、主人公は、軍隊からより強く必要とされるようになる。
  • しかし、同時に、主人公は、戦争の悲惨さを見ることとなり、より戦争が嫌いになり、悩むようになる。

「ガンダム」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「ガンダム」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

2 pt
iPhoneの登場により 今まで時間のある時にDVDレンタルしていたのが 一気に手に入れてiPhoneに入れて 電車の中で見られるようになりました。 宇野常寛による解説 むちゃくちゃ面白いです。 http:/...
もっと読む
1 pt
機動戦士ガンダム テレビシリーズ 1979年-1980年放映 土曜日17:30~18:00 名古屋テレビ 放送回数43回。視聴率低迷により途中で打ち切られた。 映画 機動戦士ガンダムI テレビ編のガルマ・ザ...
もっと読む
1 pt
お台場の実物大。 お台場にいた、実物大のあいつ。
もっと読む
1 pt
●初心者のための超簡単“2行”ストーリー 大きな宇宙ステーションが「今日から 国 家じゃあ!」と地球に独立を宣言。戦いを 挑むが地球側の最強ロボ・ ガンダム の活躍もあって敗北、独立は失敗する。...
もっと読む

関連したキーワードを持つお気に入り

他の人の「ガンダム」を見る