九龍的ヘブンズ・ドアー
(107 keywords)

最新日記

RSS
  • 日記はまだありません

九龍のお気に入り

  • マインディアからのお知らせ マインディアからのお知らせ
  • おぎやす広辞苑 おぎやす広辞苑
  • mindiaマネタイズ会議 mindiaマネタイズ会議
  • 里香のブック 里香のブック

九龍的ヘブンズ・ドアーのメンバー

  • akkun_choi akkun_choi
  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • 里香 里香
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
 

ブラフマー

1pt

04.jpg

ブラフマー(ब्रह्मा [brahmaa])は、インド神話ヒンドゥー教


一体論(トリムールティ)では、三最高の一人で、世界の創造と次の破壊の後の再創造を担当。
4つのヴェーダを象徴する4つの顔と4本の腕を持、水鳥ハンサに乗った男性の姿で表される。
手にはそれぞれ「数珠」、「聖典ヴェーダ」、「小壷」、「笏(しゃ)」を持つ。 配偶は知恵と学問の女サラスヴァティー(弁才天)である。


インドは多教の国なので数千を越える(多は現地や土地)が存在するが、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァが最高として君臨している。

概要を見ると一番ブラフマーが偉大っぽいが実際人気のあるのはシヴァである。
シヴァの息子ガネーシャ(象の頭を持った人間)も商売繁盛のとして人気。


インド神話日本アニメ漫画音楽などのサブカルチャーの元ネタとして良使われる。

ブラフマーが元ネタなのは日本のロックバンド「BRAHMAN」とか。



関連Link:
【Wikipedia】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%95%E3%...

「ブラフマー」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「ブラフマー」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

関連したキーワードを持つお気に入り

他の人の「ブラフマー」を見る