akki-raのブック
(506 keywords)

よく使われているタグ

akki-raのお気に入り

  • catchのブック catchのブック
  • mindiaオフ会 mindiaオフ会
  • torukoの雑記箱 torukoの雑記箱
  • 高田のあたりまえノート単語集 高田のあたりまえノート単語集

akki-raのブックのメンバー

  • 西小倉パンデイロ 西小倉パンデイロ
  • !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA !! (^ ..O ^ ) !! SHINYA
  • デイヴィッド デイヴィッド
  • なおき なおき
 

細胞代謝エネルギー論 

0pt

当日確認

  • AMPによる調節、その理由
  • G6P⇆F6Pの反応
  • DHAP⇆GAPの反応

2010夏学期、月曜3限

 分子機構
 定的なとりあつかい
 生体物質の特徴

2009過去問

(1)

アミノ酸

※Leu,Ile注意。

酵素反応

1:oxidoreductase(酸還元酵素)
2:trasferase(転移酵素)
分子間で官能基を転移する。ex.AのPO3をBに転移する。
3:hydrolase(加水分解酵素)
A+H2O→B+C
4:lyase(付加脱離酵素)
分子からの官能基の付加or脱離
5:isomerase(異化酵素)
分子内での官能基の転移。原子数が変化しない。
6:ligase(合成酵素)
ATPを使って新しい化学結合を形成。つまり○○合成酵素のすべてがligaseではない。

自由エネルギー

Glcとでんぷん

:Glc→Pyruvate 反応1~10

  • トータルな反応

Glc+[NAD+]+2ADP+2Pi→2Pyruvate+2NADH+2ATP+2H2O+[4H+]

  • 反応1~5:段階1=ATPの投資
  • 反応6~10:段階2=ATPの回収、NADHの産出


Glc
↓:ATP→ADP
↓[反応1]リン酸化:グルコキナーゼ(ホスホトランスフェラーゼに属する)
G6P
↓[反応2]異化:ホスホグルコースイソメラーゼ
F6P
↓:ATP→ADP
↓[反応3]リン酸化:ホスホフルクトキナーゼ
FBP
↓[反応4]開裂:

(B型)アルドラーゼ

GAP+DHAP

GAP⇆DHAP:[反応5]異化:トリオスリン酸イソメラーゼ

GAP
↓:[NAD+]→NADH+[H+]
↓[反応6]高エネルギー化合物合成:グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼ
1,3-BPG
↓ADP→ATP
↓[反応7]基質レベルのリン酸化:ホスホグリセリン酸キナーゼ
3PG
↓[反応8]リン酸基の移動:ホスホグリセリン酸ムターゼ

His-[PO3-2]がリン酸基を交換する。

2PG
↓→H2O
↓[反応9]高エネルギー化合物生成:エノラーゼ
PEP
↓ADP→ATP
↓[反応10]基質レベルのリン酸化:ピルビン酸キナーゼ
Pyruvate

クエン酸回路:oxidoreductase反応を覚える。CO2の出て行くポイントをおえる。

pyruvate
↓CoASH+[NAD+]→NADH+CO2
↓[反応0]チオエステル化(?):ピルビン酸デヒドロゲナーゼ
アセチルCoA
↓+オキサロ酢酸+H2O→CoASH+[H+]
↓[反応1]クエン酸シンターゼ
クエン酸
↓[反応2]アコニターゼ
イソクエン酸

↓[NAD+]→CO2+NACH

↓[反応3]イソクエン酸デヒドロゲナーゼ
2-オキソグルタル酸

↓CoASH+[NAD+]→NADH+CO2

↓[反応4]2-オキソグルタル酸デヒドロゲナーゼ

スクシニルCoA
GDP+Pi→GTP+CoASH+[H+]
↓[反応5]スクシニルCoAシンテターゼ
コハク酸
FADFADH2
↓[反応6]コハク酸デヒドロゲナーゼ
フマル酸
↓+H2O
↓[反応7]フマラーゼ
リンゴ酸
↓[NAD+]→NADH+[H+]
↓[反応8]リンゴ酸デヒドロゲナーゼ
オキサロ酢酸

クエン酸回路の中間体の横取り

  • pyruvate⇆乳酸

→補充反応:pyruvate→pyuvateカルボキシラーゼ→オキサロ酢酸→GTP→PEP→Pyruvate

  • 2-オキソグルタル酸→Glu

  • スクシニルCoA→ポルフィリン

⇔イソロイシン、バリン、メチオニン→スクシニルCoA

  • リンゴ酸→Glc

⇔オキサロ酢酸→リンゴ酸

→リンゴ酸
アミノ酸→オキサロ酢酸

⇔アスパラギン酸、チロシン、フェニルアラニン→フマル酸

新生

pyrubvate→オキサロ酢酸→PEP→解の逆→Glc

アミノ酸の合成

オキサロ酢酸、クエン酸回路、ピルビン酸 etc...→

・2-オキソグルタル酸→グルタミン酸

  • NADH存在下、クエン酸回路が阻害れている場合→逆回りの反応が起こる。ΔG≒0:化学平衡


光合成

  • クロロフィルの吸収と光化学反応

440nm:青→700nmあたりの蛍光を励起
700nm:赤→光合成利用できる

クロロフィル2400分子-光子8個-O2一分子
2400/8=300分子のクロロフィル
299(295)分子のクロロフィルは何をしているのか
→光捕集色素…どのクロロフィルに光子があたっても同様に反応が進む。
⇔視覚や太陽電池では光捕集色素はない

  • 海水の吸収の違いによるクロロフィルの吸収の違い

→遠洋80m:散乱光少ない、赤色光はH2O分子に吸収れる
したがって、短波長(青)を吸収する。
→沿岸25m:微粒子のため、青色光は散乱、赤色光の吸収少ない
したがって、長波長(赤)を吸収する。

  • 太陽光スペクトル

エネルギー:ε、定数波長:hv、光速:C、波長:λ
ε=hV=h*C/λ
※光エネルギーは波長が大きいほど小い。

  • クリプトクロム

DNA修復酵素に似ている。
FADを結合
光による酸化還元
タンパク質相互作用による伝達

  • フォトトロピン

植物の光定位運動
気孔の開閉
PASドメインでFMNを結合
光サイクルでCysとadduct形成
プロテインキナーゼの活


呼吸

「細胞代謝エネルギー論 」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「細胞代謝エネルギー論 」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

他の人の「細胞代謝エネルギー論 」を見る