渋沢栄一

0pt

  • 1840年ー1931年。日本を代表する実業家。
  • 日本に株式会社制度を導入した。500以上の企業の設立に関わったのにも関わらず、他の財閥のように株式を独占することはなかった。「私利を追わず公益を図る」という理念を貫徹していた(以上、Wikipediaからの要約)。
  • 1916年、『論語と算盤』を著す。
  • mindia本社のあった王子に渋沢資料館がある。
  • 2024年から一万円札の肖像になる。
  • 資本主義・株式会社の仕組みをフランスのサン=シモン主義者から学ぶ。

渋沢栄一の人生のステージ

『現代語訳 論語と算盤』によると、渋沢栄一の人生のステージは5段階あった。
1.尊皇攘夷の志士として活躍した時期(~1863年)
2.一橋家の家来となった時期(1863年-1866年)
3.幕臣としてフランスに渡った時期(1867年-1868年)
4.明治政府の官僚となった時期(1869年-1873年)
5.実業人となった時期(1873年-)

外部リンク

  • 財団法人渋沢栄一記念財団

http://www.shibusawa.or.jp/index.html

  • 渋沢資料館

http://www.shibusawa.or.jp/museum/index.html

「渋沢栄一」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「渋沢栄一」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

1 pt
日本 資 本 主義の父。 第一銀行(現みずほ銀行)初代頭取。 「論語と算盤」を書いた人。 500以上の会社設立に関わった人物。
もっと読む
0 pt
日本に株式会社の概念をもたらしたらしい めっちゃ 論語 を勉強し、自分なりの解釈をアウトプット 王子に記念館があるらしいので行ってみたい 商工会議所を作ったのもこの方?
もっと読む

他の人の「渋沢栄一」を見る