0pt

僕は火の鳥の2巻にかなり影響をうけている。

この宇宙のさらに大きい世界を内包した超巨大生命体がいて
僕達はそれを構成する細胞みたいな存在であり、
それと当時に自分1人の細胞の中にも
無数の生命体がいる。
てな考え。

そういう意味では
「神」とは相対的な物で
ある意味僕は細胞にとっての神だし、
ある意味神はこの銀河系自体だし
ある意味ではそれを超えた存在が神と定義できる。

しかし、これは3次元で話をしているので
極限・収束の概念が説明できない。
そこで4次元も含めた神の存在みたいな話が出てくるんだけど
僕はそこまで物理学詳しくないのでよくわからない。

ただ、「有神論者」と呼ばれる人における「神」と
僕の考える4次元を内包した神というのは
イコールじゃないらしい。

よくわかんない。

関連:哲学

「神」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「神」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

1 pt
日本語の神 日本は多神教である。神とは八百万の神である。万物に神が宿っていると考える。自然は恵みであり神が宿る場所である。 仏教の出身地、インドでもほぼ同じである。アジア文化圏では、ほぼ...
もっと読む

他の人の「神」を見る