暗黙知

1pt

元出典

英:Tacit Knowledge
物理化学者から後に社会科学者へ転向したマイケル・ポランニーの造語である。

私たちは言葉にできるより多くのことを知ることができる。

具体例として

ある人の顔を知っているとき、百万人の中からでも顔を見分けることができる。しかし、通常、私たちは、どのようにして自分が知っている顔を見分けるのか分からない。認知の多くは言葉に置き換えられないのだ。

出典:暗黙知の次元 マイケル・ポランニー 著

ナレッジマネジメント

後に野中郁次郎がナレッジマネジメント中で、暗黙知・形式知を説明した。

  • 言語化しえない・言語化しがたい知識
  • 経験や語感から得られる直接的知識
  • 現時点での知識
  • 身体的な勘どころ、コツと結びついた技能

  • 主観的・個人的
  • 情緒的・情念的
  • アナログ的、現場の知
  • 特定の人間・場所・対象に特定・限定されることが多い

  • 身体経験を伴う共同作業により共有、発展増殖が可能

企業の強み、他社には模倣のできないコンピタンスの多くの部分は、暗黙知から成っている。

出典:知識経営のすすめ 野中郁次郎/紺野登 著

関連ワード

  • 形式知
  • SECIプロセス
  • 共同化(暗黙知>暗黙知)
  • 表出化(暗黙知>形式知)
  • 内面化(形式知>暗黙知)
  • 創発(Emergence)

「暗黙知」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「暗黙知」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

0 pt
暗黙的で,他の人には直接伝えることが出来ない 知識 . 「ようわからないけど~すれば,上手くいく」みたいな 知識 .
もっと読む
0 pt
スケールする開発組織の作り方 #jawsug // Speaker Deck
もっと読む

他の人の「暗黙知」を見る