アジャイル開発

1pt

私自身は開発者ではないので、アジャイル開発を実践することはないのだが、啓蒙する必要性を強く感じているので、まとめることにする(2011.8.3記)

「アジャイルソフトウェア開発宣言」

私たちは、ソフトウェア開発の実践
あるいは実践を手助けをする活動を通じて、
よりよい開発方法を見つけだそうとしている。
この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。

プロセスやツールよりも個人と対話を、
包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、
契約交渉よりも顧客との協調を、
計画に従うことよりも変化への対応を、

価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを
認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。

(c) 2001, 上記の著者たち
この宣言は、この注意書きも含めた形で全文を含めることを条件に
自由にコピーしてよい。

出典:http://www.agilemanifesto.org/iso/ja/manifesto.html

「アジャイルソフトウェア開発宣言」の私的読み替え

4か条の右項を以下のように読み替えることができるのではないか?

  • コミュニケーション
  • 現地現物主義(トヨタ生産方式)
  • コラボレーション
  • 自律性

『アジャイル開発とスクラム』

従来手法の何が問題なのか

  • 人の創造性を奪ってしまう
  • 文書によるコミュニケーションには限界がある
  • 悪いタイミング
  • 未来を読む水晶玉はない
  • 仕事が楽しくない
  • 部分最適化

出典:『アジャイル開発とスクラム』

プラクティス

技術プラクティス

高速に石橋をたたいて渡る「開発環境」をつくるもの

  • リファクタリング
  • テスト駆動開発
  • 継続的インテグレーション
  • ペアプログラミング
  • その他

ソーシャルプラクティス

協働でゴールに向かう「チーム環境」をつくるもの

  • ユーザストーリ(参考:物語)
  • 朝会(デイリースクラム)
  • タスクかんばん(参考:トヨタ生産方式)
  • バーンダウンチャート
  • プランニングポーカー
  • ふりかえり(レトロスペクティブ)
  • その他

出典:『アジャイル開発とスクラム』

編集履歴

  • 2014.04.20 『アジャイル開発とスクラム』、従来手法の何が問題なのか、プラクティスを追加
  • 2011.08.03 初稿

「アジャイル開発」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「アジャイル開発」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

1 pt
開発をアジャイルにしても予算はアジャイルにならないのが論点w アジャイル開発が強い会社 アジャイル開発 | 永和システムマネジメント いいわけ論 アジャイル、っていう名のサボり。ド...
もっと読む

他の人の「アジャイル開発」を見る