教育

1pt

「教育」は提供するもの

教育は親が子に提供するもの。教育の主体は、提供者側。主体の違いは「教育と学習」を参照のこと。

安岡正篤

「教」は身をもって手本になる、率先垂範の意味であります。だから教育者というのは、人間として自らお手本になって、生徒を教える人をいうのです。

出典:『安岡正篤―人生は難題克服に味がある』芳村 玲好 (編集)

親として子に提供している教育

  • 水泳教室(幼稚園~小学生):病気にならなくなります。
  • ヤマハ音楽教室(幼稚園~):感性を身につけられます。幼稚園から学べば、間違いなく絶対音感が身につきます。
  • 公文(幼稚園~小学生)

教育のジレンマ

学びとは、学び終わったあとになってはじめて自分が学んだことの有用性や意味について知ることができるという順逆の転倒したかたちで構造化されている。

教育について生産的なのは、「こうしなさい」「こうすればよい」という一元的な制約を設けないことである。

出典『昭和のエートス』内田樹 著

教育が難しいのは、そのときに必要ないと思ったことが後から思いかけず生きてくることだ。いやなこともある程度学ばなくては、幅が広い人は育たない。

出典『人生を決めた15分 創造の1/10000 』奥山清行 著

反逆・反抗

教育とは子供たちに、反逆し、自分たちの夢をみるための道具と武器を授けるべきものです。

出典:『もし、日本という国がなかったら』 ロジャー・パルバース著

教育の設計

読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。

出典:『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』
原出典:フランシス・ベイコン

編集履歴

  • 2014.04.30 「教育の設計」を追記
  • 2013.09.13 「反逆・反抗」を追記
  • 2011.12.25 「安岡正篤」を追記
  • 2011.12.24 「子に提供している教育」を追記
  • 2010.12.04 「教育と学習」を分離
  • 2010.09.23 「教育」と「学習」、「教育」から「学習」へを追記
  • 2010.08.26 初稿

「教育」について友人に書いてもらう。

あなたにとって「教育」とは?

ログインするとワンクリックでキーワードを投稿できます

ログインする 新規登録する

お気に入りの説明

2 pt
空気があって、 水をやって 日光照射して、、、 人間は、それに追加で役割肥料を意図的に・・
もっと読む
2 pt
自分のよく知らない分野を勉強しようとしている学生を教えることも、実はそれほど難しくない。 最近気がついた。 理由は、 1、その分野の知識自体は、あまり教える必要がないから(知識それ自体は...
もっと読む
2 pt
ITが大きな変化を及ぼす分野。 mindiaも足を突っ込む。 久石譲さん もし僕が本気で音楽を教えようとしたら、 その子の人生をまるごと抱えるぐらいの意識で、 徹底的にやるだろう。 作曲活動の片手...
もっと読む
1 pt
不自然な行為。 自然下での『学習』とは異なる。 社会生活を営む上で必要とされるもの。
もっと読む
0 pt
はじめに 誰かから教えられる。 自分で考えてやってみる できなかったら改善してやってみる できるようになったら 人 に教えることができる プロセス において 人 によって伝え方が違...
もっと読む
0 pt
受け手に洗礼が必要な行為. 洗礼って表現がわるいなぁ. 躾と 教育 はどう違う?
もっと読む
0 pt
とても難しい。 教育 学部の人達はそれはそれは専門的な 教育 論を学んでるのかなぁ? そうあって欲しいけど。 (まぁ 日本 の大学なのでそうじゃないであろうことも知ってる) http://sankei.j...
もっと読む
0 pt
プラスイメージ・マイナスイメージ 学校や塾などの 教育 機関において施されるもの。先生から生徒、大人から子ども、人事部から新入社員など経験者から未経験者へ与えられるもの。 例えば 教...
もっと読む
0 pt
人にものを教えるということは難しい。 簡単なことでも間違いが無くなるまで教え込むのは難しいし、 教えられる当人たちにも理解力に差がある。 だからこそ教え方の上手い塾講師が流行るんですよね...
もっと読む
0 pt
新しい時代を創ることだと思います。
もっと読む

他の人の「教育」を見る